所得税の対象となる所得の種類

利子所得

【所得の計算方法】利子の金額

預貯金や公社債の利子による所得です。源泉徴収されていますのでほとんどのケースで確定申告は不要です。

配当所得

【所得の計算方法】源泉税引き前の配当金額 − 株式等の取得に要した負債利子の額

法人から受ける配当、証券投資信託の収益の分配による所得です。少額配当の申告不要や配当控除など、申告した方がいいケースと申告しない方がいいケースとがあります。

不動産所得

【所得の計算方法】総収入額 − 必要経費

マンションやアパート、土地や駐車場などの不動産の賃貸よる所得です。青色申告者への特典や損益通算など様々な規定があります。

事業所得

【所得の計算方法】総収入額 − 必要経費

農業所得者、自営業者、自由業者などの勤労による所得です。不動産所得と同様に、青色申告者への特典や損益通算など様々な規定があります。

給与所得

【所得の計算方法】源泉税・社会保険料などの控除前の給与総額 − 給与所得控除額

サラリーマンが勤め先からもらう給与、賃金、賞与、役員報酬による所得です。給与所得控除は給与総額に応じて計算式されますが、最低でも65万円を控除することができます。

退職所得

【所得の計算方法】(源泉税引き前の退職金総額 − 退職所得控除額) × 1/2

退職手当、一時恩給など退職によって一時に受ける所得です。退職後の生活資金となることから税金が少なくなるように計算式が工夫されています。

譲渡所得

【所得の計算方法】
 |惨譲渡の場合 ( 総収入金額−取得費−譲渡費用 ) − 特別控除額
◆…拘譲渡の場合 {(総収入金額−取得費−譲渡費用)− 特別控除額} × 1/2

資産の売却などによる所得です。売却資産の所有期間が5年以下の場合を「短期譲渡」、5年を超える場合を「長期譲渡」として区別しています。特に、不動産を売却した場合には様々な優遇規定も用意されていますので、専門家へ相談することをお勧めします。

山林所得

【所得の計算方法】総収入額 − 必要経費 − 特別控除額

5年を超えて生育させた山林の伐採や売却による所得です。所得実現まで長年を要することを考慮して税金が少なくなるように計算式が工夫されています。

一時所得

【所得の計算方法】(総収入額−その収入を得るために支出した額−特別控除額)× 1/2

一時的な所得をいい、満期保険金、競馬の払い戻し金、懸賞などがその代表的なものです。

雑所得

【所得の計算方法】
 仝的年金等の場合  収入金額 − 公的年金等控除額
◆´^奮阿両豺隋 〜躰入金額 − 必要経費

上記 銑のいずれにも該当しない所得をいい、公的年金、生命保険会社から支給される年金、講演料、原稿料、同族会社から受け取る貸付利子などがその代表的なものです。